芸人

神田愛花と日村勇紀に子供がいないのはなぜ?理由は不妊症や高齢出産のリスクか

神田愛花と日村勇紀の画像,

2018年に結婚されている神田愛花さんと日村勇紀さん。

現在お二人に子供はいませんが、子供を作らないのか、何か事情があるのかなど気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、神田愛花さんと日村勇紀さんの子供に関する情報をお届けしていきます。

神田愛花の顔画像
神田愛花の父親が神田正輝はデマ!実家は港南区のお金持ち?母親がお嬢様で婿養子だったバナナマン日村勇紀さんの妻で、元NHKアナウンサーの神田愛花さん。 学習院大学出身で、過去にはバラエティ番組で“お嬢様”として取り...

神田愛花と日村勇紀には現在子供がいる?

神田愛花と日村勇紀の画像,バナナマン引用:FRIDAY

神田愛花さんと日村勇紀さんは2018年4月7日に結婚されています。

その後子供は生まれておらず、結婚から5年以上が経ちますが妊娠の情報もありません。

現在もお二人はバリバリ仕事を続けており、お互い売れっ子の状態が続いています。

子供について言及されることはありませんが、子供ができないのか、それとも作らないと決めているのでしょうか?

神田愛花と日村勇紀は不妊治療をしている?

神田愛花さんと日村勇紀さんは、現在不妊治療などをされているのでしょうか?

一般的に、約1年間夫婦生活を続けても妊娠しなければ、不妊治療を始めても良いとされています。

結婚から5年以上が経っても子供ができていない神田愛花さんと日村勇紀さんは、子供ができにくい状況にあるのかもしれません。

神田愛花さんの発言を振り返ってみると、新婚時代は不妊治療を考えていなかったようでs。

2018年5月16日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」にて、女優の加藤貴子さんが出演し不妊治療の末44歳と46歳の時に男児を出産した時のエピソードを語ったとき、神田愛花さんは自身の子供に関する考え方を明かしていました。

バナナマン日村勇紀と結婚した神田愛花が「私も37歳で周りに不妊治療されてる方がいっぱいいまして、自分自身は自然の流れに任せようとは思ってるんですが、もし不妊治療した時になかなか授からないっていうプレッシャーを、どういう気持ちをどう処理していったんですか?」と尋ねる。

引用:めるも

当時30代後半と、そして「高齢出産」と言われる年齢に差し掛かっていた神田愛花さん。

当時から自然妊娠を望んでいたのであれば、現在も同じ考えである可能性は高そうですね。

神田愛花と日村勇紀に子供がいないのはなぜ?

神田愛花さんと日村勇紀さんの間に現在も子供がいないのはなぜなのでしょうか?

理由①子供ができない

神田愛花と日村勇紀の画像,バナナマン引用:smart FLASH

2018年時点では不妊治療をしておらず、自然妊娠を望んでいた神田愛花さん。

現在の年齢は、神田愛花さんが43歳、日村勇紀さんが51歳となりました。

お二人の年齢や体のことを考えると、自然な形で子供ができない・できにくいのではないかと考えられます。

一般的に30代後半に差し掛かる35歳からは、徐々に女性ホルモンの分泌量が減っていき自然妊娠できる確率が低くなっていくとされています。

女性ホルモンの分泌量が減ってくると、それだけで排卵される卵子の量が減るだけでなく、卵子の質も衰え始めるのでますます妊娠しにくくなります。

高齢による不妊問題は、女性側だけでなく、男性側にも原因があることがあります。

男性についても、30半ばをすぎた頃から、遺伝子に異常がある精子の割合が増えることや、パートナーの女性を妊娠させるまでに時間が長くかかることも分かっています。

お二人とも妊娠・出産においては“高齢”と呼ばれる年齢にありますので、自然妊娠では子供ができない・できにくい可能性が高いです。

理由②子供を考えていない

神田愛花さんは結婚当初は自然妊娠を考えていたと明かしていましたが、現在お二人ともバリバリ仕事をしているあたりを考えると今はもう子供のことを考えていない・諦めていることも考えられます。

先にあげた通り、現在のお二人の年齢を考えると自然妊娠の可能性も低く、高齢出産のリスクも高くなっています。

自然妊娠できたとしても高齢になると子供のダウン症のリスクが高くなったり、出産時に難産になりやすい、産後の回復も悪くなる傾向にあります。

さまざまなリスクを考慮して、今は子供を作っていない可能性も高いのではないかと考えられますね。